保険と審美歯科治療

従来の一般的な歯科治療では、むし歯や入れ歯の治療など、歯の機能の改善を目指すのが目的です。つまり、痛みをとって、咬めるようにすることです。

たとえば、日本の国民健康保険はそれらの最低限の人間生活が営める範囲をカバーするために存在していますので、審美歯科の様な見た目を「きれいに」する治療、と考えられる治療は含まれていません。

▲このページのTOPへ