咬み合わせを治して、ブリッジを入れた審美歯科の症例

【40才女性、前歯が痛い】

この症例は、前歯の痛みを主訴として来院された患者さんのものです。

 審美歯科 初診時1 審美歯科 初診時2 審美歯科 初診時3

初診時の写真です。

※後の2枚の写真は、ミラー像なので左右が逆転していることに注意してください。

 ●診断●

レントゲンで診ると右上の差し歯の根っこが割れて化膿していました。歯根破折と言って、抜歯するしかない状態です。ではなぜ、この差し歯は割れてしまったのでしょうか。答えは、いちばん右の写真です。写真はミラー像なので左右逆ですが、右下の前歯が歯列より飛び出ていることに注目してください(写真では左下前歯)。

この飛び出した下顎の前歯が上顎の差し歯を突き上げ続けたため結局、歯が割れてだめになったと思われます。この状態を改善しないかぎり再び前歯は悪くなっていくことでしょう。原因の除去が必要です。 つまり矯正して、咬み合わせを治すことです。

 ●治療方針●

 上顎は、割れた歯の抜歯。そしてブリッジを選択。下顎は、部分矯正。

 ●治療経過●

 治療経過1 治療経過2 治療経過3

上顎は抜歯を終えて、仮り歯にし下顎は矯正をして、歯列を治しました。

セラミックの歯が入った状態最終段階で、セラミックの歯が入った状態です。

この患者さんは歯の色が濃くて、個性の強い色調だったので、直接技工師が色合わせに来て作りました。

まるでほんものの歯のようです。

 

 

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください  

▲このページのTOPへ