妊娠中のレントゲン撮影は大丈夫ですか?

妊娠中の歯科治療におけるレントゲン撮影で、胎児に影響を及ぼす可能性は限りなくゼロに近いのです。

妊娠中の歯科治療におけるレントゲン撮影これは、歯科レントゲン自体が人体に影響を及ぼす可能性がほぼないことと、歯科レントゲン撮影は、顎顔面を焦点に撮影するので、腹部に向けての撮影ではないことが主な理由です。

加えて、首から下は、防護用の鉛入りエプロンを着用しますので、現実的な胎児への影響はほぼありません。しかし、精神的心理的に撮りたくないという患者さんの気持ちも大切です。

どうしても、レントゲン撮影が必要な場合は、充分ご説明いたします。

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

▲このページのTOPへ