歯周病の症状、および治療法

歯周病というのは、歯のまわりの歯肉や骨に生じる炎症であって、歯そのものの病気ではありません。

 

歯周病になると、歯肉は歯からはがれ、深い歯周ポケットを形成します。また歯を取り囲んでいる骨も消失していきます。その結果、歯はグラグラ動揺し、放っておくと抜けてしまいます。

歯周病は、その初期の病態である「歯肉炎」と、骨がとけはじめる「歯周炎」に分かれます。歯肉炎であれば「ハブラシ」を使ったプラークコントロールとスケーリング(歯石除去)によって完治することは十分可能です。

歯周炎の状態にまで進行してしまった歯周病では、症状が進んでしまえばしまうほど治りにくくなります。歯を支えられなくなるほどに骨の消失が進んでしまっている場合は、治療の意味がなくなってしまいます。この場合は残念ながら抜歯が必要になります。

歯周病の主な原因は、細菌です。ですから治療には細菌検査が必須となります。また、症状を悪化させる要因としては、かみ合わせ(咬合といいます)の悪さがあります。

あとは、喫煙やストレスも歯周病を悪化させる要因となります。治療は、徹底して歯をきれいにしてやることと、細菌に合わせた抗生物質をつかった「抗菌療法」が有効です。

当院でもここ3年ほど臨床応用していますが、劇的に改善することが実証されております。

歯周病は、できるだけ早く相談だけでもすることをお勧めいたします。

最後に不安は、増大することはあっても、問題の解決になりません。行動することで、問題を解決してきた過去を思い出し、一歩踏み出して下さい。

歯周病についてもっと知りたい方はこちらへ⇒

当院へのご相談はこちらへ⇒

▲このページのTOPへ

歯周病治療の具体的な内容は

近年、歯科医学は発展し、従来は抜歯といわれるような重症の歯もハイレベルな根管治療、歯周治療を徹底的に行うことによって、抜かないで済む時代となってきています。

歯周病治療の具体的な内容

日本人の平均寿命は世界のトップクラスです。一生自分の歯でものを噛み、食べたいと思うのは誰もが持つ願いです。その一助になれるよう、かさい歯科クリニックでは全力で診療に取り組んでいます。かさい歯科クリニックでは主として、昔は原因がわからず、治らないとされていた歯周病を中心に、科学的根拠(EBM)に基づく最新の技術と考え方で診療にあたっています。

歯ぐきの病気は気付かないうちに進行するのが特徴です。放っておくと出血や膿がでて、やがて歯がグラグラしてきて噛めなくなり、最後に歯は抜けてしまいます。歯周病は適切な治療を行えば進行は止まり回復します。とにかく早期に発見して治療を開始することが肝心です。

 

◆治療内容◆

歯周組織の精密検査・診断によって、治療の必要性を説明いたします。この説明を十分ご理解いただけるかどうかがその後の治療の結果に影響してきます。そして、プラークコントロール、歯周基本治療、歯周外科手術、歯周補綴(義歯を入れることです)、メンテナンスと移行していきます。

精密検査・診断の重要性⇒

◆歯周外科手術◆


歯周外科手術

歯肉を切り開いて、病変部を直接見ながらきれいにしていきます。この時、骨の形態を修正したり、再生治療(GTR、エムドゲイン)などが行われます。 

◆咬合治療◆

咬合治療

噛み合わせが悪いと、歯に負担がかかりすぎ、歯周病がより悪化することがあります。検査を行って治療に組み入れています。 

◆成人の歯周矯正治療◆

歯並びが悪かったり、歯周病で歯並びが悪くなった場合に歯並びを改善させることにより、よりよい歯周病治療の結果を得られることがあります。

◆インプラント

歯が失われた部位のアゴの骨にインプラントを埋め込んで、かみ合わせを回復する治療法です。残っている歯の負担を軽くしてあげる効果があります。 

歯周病治療は、患者さんと歯科医師の協同作業といえます。一緒に頑張りましょう。

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください  

▲このページのTOPへ

歯周病治療を受けるにあたっての心構え

●歯周病は生活習慣病です●

歯周病は、歯の根元に付着している歯周病原生細菌の産生する毒素によって歯周組織が壊され歯が抜けていくという病気です。

ジワリジワリ進行するため症状が出るころにはすでに重症になっていることも多いのです。ここで簡単にその予防はといえば、歯ブラシ(プラークコントロール)ということになります。治療の一環としての専門的なブラッシングです。まずは、歯ブラシを徹底的にやらないと治療は進みません。

つまり、歯ブラシをよくする生活習慣に改めるということです。

治療の第一歩で、私の役割は患者さんに歯ブラシを徹底してもらうように説得することなのです。患者さんは歯周病を自覚したり、他人から口臭を指摘されて来院するわけですが、治療について説明を受けて、歯ブラシと聞いて、えっと思うかもしれません。 歯周病は、早期発見であれば完全に治るものです。

歯を削らず、ましてや一本も抜かずに、歯ブラシ一本で治せることもあります。しかし、歯石は取り除かなくてはなりません。硬い歯石は歯磨きでは取れないからです。逆に、歯石を取ったからといって歯みがきをさぼれば、その日から歯垢が付き始めて何にもなりません。仮に歯周病の手術をしたとしても、術後に歯を磨かなければ炎症は再発します。

まさに歯周病の治療は歯磨きに始まり、歯磨きに終るということです。

まさに、歯磨きは、歯周病治療の一環であると御理解ください。歯磨きがいかに大切かという一例をあげましょう。

アメリカのボストン大学に歯周病の権威であるゴールドマン博士がいらっしゃいます。歯周病患者に、まず歯を磨かせることを励行させた結果、大きな手術をしなければならなかった人が、ごく軽い手術ですみ、ちょっとした手術をしなければいけないと考えていた人が、手術をしなくてすんだという結果が出たそうです。

同じような事は私もよく経験します。

例えば、歯周ポケットが6ミリあったとすると、歯磨きを励行することで歯肉が3ミリ収縮して歯周ポケットが3ミリになれば、手術を回避できるということなんです。

もし、あなたが歯ブラシは嫌いとか、歯ブラシは苦手と思っているのならば歯周病治療はやっても無駄です。もし、がんばってみようと思っていただけるのなら、私は大いに力になりたいと思います。

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

▲このページのTOPへ

どうして歯周病はクスリで治らないのか?

台所の三角コーナーや風呂場の排水口の内側についているぬるぬるしたしつこい汚れ。あれがバイオフィルムです。

細菌がねばねばの多糖体をつくって、個体の表面にくっついて大きく成長しているのですが、表面はフィルム状の膜でカバーされ洗剤はもちろん、強力な殺菌剤を使っても簡単にはきれいになりませんよね。タワシでこすることによって、はじめて落とすことができます。こういうことは皆さん経験あると思います。

バイオフィルムを除去するには、今のところ力ずくでこすりおとす除去方法しかないんです。細菌の集団を守るバリアが強力なので、それを破壊しなければどんな薬も細菌まで到達しないのです。

歯周病やむし歯が薬で治らないのはバイオフィルムのせいなんです。

歯周病菌も虫歯菌も歯の表面でバイオフィルムの状態ですみついているのです。むし歯も歯周病も従来の感染症のイメージではうまくとらえられません。細菌の作るバイオフィルムという概念でとらえなくてはならないのです。

バイオフィルムをそのままにしなければ、むし歯や歯周病にかかることはありえません。

バイオフィルム

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

▲このページのTOPへ

歯ぐきがプクッと腫れる原因は二つあります

歯ぐきがプクッと赤く腫れて膿(うみ)が出る、歯を磨いている時でなくても歯ぐきから出血する。こういう人は、おそらくお口も相当臭いはずです。

歯ぐきがプクッと腫れるのは、通常、歯ぐきの奥深いところに細菌がいっぱいたまって、ひどい炎症が起こっている時です。その原因は二つあります。

歯ぐきがプクッと腫れる原因

一つは、歯の根っこの先の病気です。

むし歯や歯の神経の治療の失敗のために、歯の中からたくさんの細菌が骨の中に流れ出して、骨を溶かして膿が外に出ようとしているためです(根尖膿瘍、歯槽膿瘍)。

もう一つは、重症の歯周病です。

歯と歯ぐきのすきまの深いところで、歯周病の細菌が増えて、細菌や白血球の死骸である膿がたまっているのです(歯周膿瘍、歯肉膿瘍)。痛みがなければ気付かないこともあります。

この歯肉のプクッとした腫れは、歯肉のなかの膿が外に出てしまえばおさまり、その後、繰り返し同じことが起こります。

このような炎症を繰り返し、そのたびに歯の周りの骨はどんどん溶けていきます。その炎症が起こらなくなったら、歯が抜けるくらいに歯周病が進んでしまったと考えてよいでしょう。

むし歯や神経の治療が原因で歯ぐきが腫れるのは、根っこの病気ですが、腫れる前にたいへん痛みます。

同じような歯肉の腫れですが、歯科医はエックス線写真や歯の神経の生死を調べて診断します。根の先に原因がある方は、原因を除去しやすいので確実に治せますが、歯周病が原因である場合は治療に時間がかかります。

とにかく、歯周病は早期発見・早期治療が何より大切です。

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

▲このページのTOPへ

歯周病と喫煙の深い関係

●禁煙しないと歯周病は改善しません●

歯周病の最大のリスク因子はタバコといえます。タバコが健康に悪いことを知らない人はいないでしょうが、多くの人はタバコの害を甘く見ています。タバコの煙には数百種類の有害物質が含まれています。毎日タバコを吸う人はタバコを吸わない人にくらべて、喉頭がんが約33倍、肺がんが4.5倍多く発症します。タバコは、心臓病や脳卒中などのほとんどすべての生活習慣病に関係しています。そして、歯周病のリスクは、約4倍も高くなるのです。

喫煙の歯周病絵の影響は、過去に吸ったタバコの本数が多ければ多いほど大きくなります。喫煙本数や喫煙年数と歯周組織の破壊の程度との間に相関関係があることがわかっています。治療をしても喫煙習慣が残っているままだと、ほぼ半分の効果しかありません。禁煙なしに歯周病の治療をするのは、まさにザルで水をすくうようなものだす。たとえ外科治療をしてもヘビースモーカーであればまったくの無駄になります。時間もお金もです。

歯ブラシをじょうずにやっていても、ヘビースモーカーの場合には、歯肉の奥の方で歯周病が進行していきます。表面的な腫れがあまり出ない特徴があります。これは、タバコの毒で生体が本来持っている腫れるという防御反応が抑制されてしまうためだと言われています。歯周病の人が禁煙を始めると、しばらくして炎症がわかりやすくなり、歯ぐきから出血するなど一見悪くなったように感じることがあります。

タバコを吸っていると、毛細血管の血流が悪くなり、歯周組織の細胞の傷を治す働きが弱くなります。タバコは、からだの抵抗力を弱めるだけではありません。細菌の毒性を高め、体を守る働きや、自己修復する働きを狂わせてしまうのです。浅い歯周ポケットでも病原性の高い細菌が繁殖しやすくなります。

禁煙をしましょうタバコは、毛細血管の循環障害、免疫系への影響、歯周組織の細胞への影響、そして細菌への影響と多種多様な経路でマイナスの影響を与えていると考えられています。

結論 歯周病を治したいと心から思うのであれば、つらいでしょうがタバコはやめてください。  

舘ひろしさんの禁煙の記録⇒

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

▲このページのTOPへ

どうなったら歯は抜かれてしまうのか?

歯を抜くことは、歯の死を意味します.誰だって歯を抜きたくはありません。応急処置でない限り、歯を抜くかどうかはそれに続く処置によって決まります。

確かにひどい炎症をそのままにはできませんから、体への害を考えて抜歯すべき時はあります。しかし、抜歯に続く治療計画があやふやなときに、とりあえず歯を抜いてしまうというのは困ります。

 

■ 抜く抜かないは、何を根拠に判断するのか?

重度の歯周病になった歯でも、両側に健康な歯があるときは比較的早く抜歯すべきでしょう。

そのままにしておくと両側周囲の骨に悪い影響が及ぶからです。それに両側に歯があれば、抜歯後ブリッジにすることで対処できるからです。そうすれば取り外しの入れ歯にならないですみます。同じように歯周病になっていても残りの歯の数が少なくなっていたら抜歯は急ぎません。

歯周病でも残せる可能性が残っているなら抜かないで治療すべきです。

逆にインプラントを使った治療計画であれば抜歯の判断は早くなります。インプラントを予定するときは、歯を支える組織がある程度残っていても早めに抜歯してインプラントを植える環境を良くする方がよいと考えるからです。

総入れ歯にするときも抜く判断は比較的早めになります。このように抜いた後どうするのかを考慮して抜歯の計画は立てられます。よく担当医に納得いくまで相談した方がいいと思います。

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

▲このページのTOPへ