インプラント治療の流れ

治療の様子かさい歯科クリニックでは、いくつになっても、好きな食べ物を、十分噛んでたべられることを診療室の目標としています。そしてこのことは可能だと考えています。

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人口歯根)を埋め込み、それを土台に人工の歯をとりつける方法です。埋め込まれたインプラントは、歯と結合してしっかりと固定されるので、噛み心地も、外観も天然の歯とほとんど変わりません。

自分の歯のような噛み心地で、固いものでもバリバリ存分に味わえます。

楽しめない食事は、もうおしまい。
あなたの人生に「おいしく食べる歓び」を取り戻しましょう。

インプラント治療は医療費控除の対象になります。

インプラントをもっと詳しく知りたい方はこちらへ>>


インプラント治療の流れ

STEP1  診査と治療計画

治療は、骨の中にチタン製インプラントを埋めるステップと歯を入れるステップの大きく2つの段階に分けることができます。
十分な診査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さんに合わせた治療をすすめていきます。
治療はインプラント療法のトレーニングを受けた歯科医師が行います。
すべての歯科医院でインプラント治療が受けられるわけではありません。

STEP2  インプラント:フィクスチャー埋入

フィクスチャー埋入局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。

 

 

 

 

 

STEP3  アバットメント装着

 アバットメント装着治癒期間:オッセオインテグレーション(骨結合)
インプラントを埋入したあと、歯肉で覆い、オッセオインテグレーション(インプラントと骨の結合)が得られるのを待ちます。通常の治癒期間は1〜2ヶ月。この間は仮の義歯を使用することができます。
治癒期間は、インプラント表面の加工技術の進歩により短縮化される傾向にある。

 

 

 ***成功へのステップは一歩ずつ***

STEP4  アバットメント連結(歯冠の土台)

アバットメント連結(歯冠の土台)インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結します。この状態で歯肉が治癒するまで、個人差はありますが、1〜6週間ほど待ちます。
現在では、この作業をしない1回法が多くなってきています。統計上、1回法と2回法での失敗率についての統計上の有意差がないことがわかってきたためです。(ブローネマルクシステムによる)

 


STEP5  義歯(入れ歯)や補綴物(人工の歯)を作る

義歯(入れ歯)や補綴物(人工の歯)を作る歯肉の治癒後、補綴物を作るための型取りをします。歯の形や色などを決めて、補綴物が完成したら、アバットメントに装着し固定します。
通常の歯の型取りよりも一層の精密さを要求される作業となります。

インプラントをもっと詳しく知りたい方はこちらへ>>

 

 

▲このページのTOPへ

インプラントのメリット

インプラントのメリット

入れ歯やブリッジなど従来の治療法と比較して、インプラントには多くのメリットがあります。

  • 天然歯に近い仕上がり
  • 義歯などをしっかり固定、「ずれ」などによる不快感を解消
  • 健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけない
  • 骨吸収の防止に役立ち、顔の表情や輪郭を保つ (あごの骨がやせ細るのを防ぐことができる)
  • 自然に噛むことができ、美味しく食べられる
  • 口元を気にせず、自然に話すことができる

▲このページのTOPへ

インプラント治療の例

◇ 歯を一本失った場合

歯を一本失った場合

◇ 歯を数本失った場合

歯を数本失った場合 

◇ 歯を全て失った場合

歯を全て失った場合

▲このページのTOPへ

デンタルインプラントとは

デンタルインプラントデンタルインプラントとは、歯を失ったあとに、その失われた歯を補う治療法のことで、天然の歯に最も近い人工歯根を使います。

この治療ではあごの骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、アバットメント(支台)を接続し、その上に人工の歯冠を被せます。見た目も自然で、入れ歯などとは違い、違和感なく噛むことができます。

インプラントは、生体組織に適合しやすいチタン製です。短時間の外科手術(局部麻酔下)であごの骨に埋め込まれたインプラントは、その後、周囲の骨と結合し、強固な土台となります。

デンタルインプラントに関する基本的な情報です。

 

インプラントをもっと詳しく知りたい方はこちらへ>>

詳しくは当院にお越しいただき、専門的なアドバイスをお聞きください。

              ご連絡先:(045)-390-3069

▲このページのTOPへ