かさい歯科クリニック
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニック
[1]HOME
[2]当院のコンセプト
[3]治療の流れ
[4]歯周病治療
[5]インプラント治療
[6]審美歯科治療
[7]審美歯科の症例
[8]歯周病がひどくなる人/ならない人
[9]歯周病抗菌療法
[10]歯周病と口臭
[11]歯周病の再生治療
[12]歯周病・質問集Q&A
[13]女性にやさしい歯科治療
[14]虫歯について
[15]3MIX-MP法の報道に関して
[16]親知らずについて
[17]歯科治療におけるレントゲン撮影
[18]診査・診断の重要性
[19]お問合せ
[20]診療時間・アクセス

[*]前へ  [#]次へ

どうして歯周病はクスリで治らないのか?

台所の三角コーナーや風呂場の排水口の内側についているぬるぬるしたしつこい汚れ。あれがバイオフィルムです。

細菌がねばねばの多糖体をつくって、個体の表面にくっついて大きく成長しているのですが、表面はフィルム状の膜でカバーされ洗剤はもちろん、強力な殺菌剤を使っても簡単にはきれいになりませんよね。タワシでこすることによって、はじめて落とすことができます。こういうことは皆さん経験あると思います。

バイオフィルムを除去するには、今のところ力ずくでこすりおとす除去方法しかないんです。細菌の集団を守るバリアが強力なので、それを破壊しなければどんな薬も細菌まで到達しないのです。

歯周病やむし歯が薬で治らないのはバイオフィルムのせいなんです。

歯周病菌も虫歯菌も歯の表面でバイオフィルムの状態ですみついているのです。むし歯も歯周病も従来の感染症のイメージではうまくとらえられません。細菌の作るバイオフィルムという概念でとらえなくてはならないのです。

バイオフィルムをそのままにしなければ、むし歯や歯周病にかかることはありえません。

お気軽にご相談ください。

▲このページのTOPへ


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニックトップページ