かさい歯科クリニック
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニック
[1]HOME
[2]当院のコンセプト
[3]治療の流れ
[4]歯周病治療
[5]インプラント治療
[6]審美歯科治療
[7]審美歯科の症例
[8]歯周病がひどくなる人/ならない人
[9]歯周病抗菌療法
[10]歯周病と口臭
[11]歯周病の再生治療
[12]歯周病・質問集Q&A
[13]女性にやさしい歯科治療
[14]虫歯について
[15]3MIX-MP法の報道に関して
[16]親知らずについて
[17]歯科治療におけるレントゲン撮影
[18]診査・診断の重要性
[19]お問合せ
[20]診療時間・アクセス

[*]前へ  [#]次へ

歯ぐきがプクッと腫れる原因は二つあります

歯ぐきがプクッと赤く腫れて膿(うみ)が出る、歯を磨いている時でなくても歯ぐきから出血する。こういう人は、おそらくお口も相当臭いはずです。

歯ぐきがプクッと腫れるのは、通常、歯ぐきの奥深いところに細菌がいっぱいたまって、ひどい炎症が起こっている時です。その原因は二つあります。

一つは、歯の根っこの先の病気です。

むし歯や歯の神経の治療の失敗のために、歯の中からたくさんの細菌が骨の中に流れ出して、骨を溶かして膿が外に出ようとしているためです(根尖膿瘍、歯槽膿瘍)。

もう一つは、重症の歯周病です。

歯と歯ぐきのすきまの深いところで、歯周病の細菌が増えて、細菌や白血球の死骸である膿がたまっているのです(歯周膿瘍、歯肉膿瘍)。痛みがなければ気付かないこともあります。

この歯肉のプクッとした腫れは、歯肉のなかの膿が外に出てしまえばおさまり、その後、繰り返し同じことが起こります。

このような炎症を繰り返し、そのたびに歯の周りの骨はどんどん溶けていきます。その炎症が起こらなくなったら、歯が抜けるくらいに歯周病が進んでしまったと考えてよいでしょう。

むし歯や神経の治療が原因で歯ぐきが腫れるのは、根っこの病気ですが、腫れる前にたいへん痛みます。

同じような歯肉の腫れですが、歯科医はエックス線写真や歯の神経の生死を調べて診断します。根の先に原因がある方は、原因を除去しやすいので確実に治せますが、歯周病が原因である場合は治療に時間がかかります。

とにかく、歯周病は早期発見・早期治療が何より大切です。

お気軽にご相談ください。

▲このページのTOPへ


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニックトップページ