かさい歯科クリニック
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニック
[1]HOME
[2]当院のコンセプト
[3]治療の流れ
[4]歯周病治療
[5]インプラント治療
[6]審美歯科治療
[7]審美歯科の症例
[8]歯周病がひどくなる人/ならない人
[9]歯周病抗菌療法
[10]歯周病と口臭
[11]歯周病の再生治療
[12]歯周病・質問集Q&A
[13]女性にやさしい歯科治療
[14]虫歯について
[15]3MIX-MP法の報道に関して
[16]親知らずについて
[17]歯科治療におけるレントゲン撮影
[18]診査・診断の重要性
[19]お問合せ
[20]診療時間・アクセス

[*]前へ  [#]次へ

オールセラミック

歯が変色していたり、すき間があったり、治療後の金属が黒ずんでみえたり!

あなたは、こんな歯のトラブルに悩まされていませんか?

オールセラミックは、これらの歯にまつわる悩みをすべて解決いたします。白く、自然に輝く美しい歯で、素敵な笑顔を手に入れましょう。

欧米の審美歯科材料学の最先端技術を用いて作られるオールセラミック・クラウンは、生体親和性(生体の骨格となる骨・歯・関節などになじみ、組織として機能すること)の高いセラミック素材を使用します。

金属アレルギーのある方でも安心してご使用いただけます。また、セラミックならではの非常に高い強度を有しながら、光を透過する性質があるため、透明感のある自然で美しい仕上がりになります。

オールセラミック症例写真

   
Before   After
   
Before   After
   
Before   After


ファイバーコアポストシステム

当院では、金属を使わないグラスファイバー系コア(土台)「ファイバーコアポストシステム」を採用しています。

コア(土台)とは?

コアは歯科用語で「支台築造体」と言い、字の通り「歯を支える台」のことです。
虫歯になった部分を取り除き、根の治療を行ったあとは、クラウン(かぶせもの)を支える台としてコアを入れる必要があります。

コアの材料は従来金属が主流でしたが、当院では最新のグラスファイバー系材料「ファイバーコアポスト」を採用することで、より美しく、自然な仕上がりとなります。

ファイバーコアポストとは?

ファイバーコアポストは、細かいグラスファイバーの繊維を樹脂で固めたピンのような材料です。このピンを補強材にし、その周りに歯の色に似たグラスファイバー強化型樹脂でコアの形に整えます。
ファイバーコアポストで作られたコアは、従来の金属製コアとは違い、様々な特徴があります。

■美しく自然な仕上がり

歯は、光を透過しますが、金属製のコアはまったく光を透過しません。フォアバーコア ポストで作られたコアは光の透過も歯に近く、とても自然で美しい仕上がりになります。

   
 金属製コア装着  ファイバーコア ポスト装着


ファイバーコア ポストは歯に似た光の透過性があり、金属製コアのような影ができにくい材料です。また金属の色が歯ぐきを透過して見える黒ずみの心配もありません。

■歯に似たしなやかさ

金属製コアはとても硬く、強い力が加わると直接歯の根に力を伝え、値を壊してしまうことがあります。ファイバーコアポストは適度なしなやかさがあり、衝撃を吸収することで根を壊しにくく、歯にもやさしい材料です。 

■金属を使わないから

コアからクラウン(かぶせもの)まで金属を一切使わずに修復できますので、金属アレルギーの心配もありません。

▲このページのTOPへ


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニックトップページ