かさい歯科クリニック
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニック
[1]HOME
[2]当院のコンセプト
[3]治療の流れ
[4]歯周病治療
[5]インプラント治療
[6]審美歯科治療
[7]審美歯科の症例
[8]歯周病がひどくなる人/ならない人
[9]歯周病抗菌療法
[10]歯周病と口臭
[11]歯周病の再生治療
[12]歯周病・質問集Q&A
[13]女性にやさしい歯科治療
[14]虫歯について
[15]3MIX-MP法の報道に関して
[16]親知らずについて
[17]歯科治療におけるレントゲン撮影
[18]診査・診断の重要性
[19]お問合せ
[20]診療時間・アクセス

[*]前へ  [#]次へ

思春期の女性に起こる歯肉の炎症

少女から大人の女性へと成長する過程で、女性ホルモンの分泌が始まります。

理屈では、プロゲステロン(女性ホルモンの一種)が多くなると、歯肉に炎症を起こしやすくなります。女性であることは、それだけで歯周病のリスクであると言えます。月経にともなって周期的に歯肉に炎症が起こりやすい人もいます。

プロゲステロンは、排卵後から月経前までの期間に多く分泌されるので、月経の7〜10日前には歯肉から出血しやすくなることがあるようです。

また、女性の歯肉に特徴的に繁殖する細菌もいます。女性ホルモン(エストロゲン)をとくに好んで繁殖する細菌で、この細菌も歯肉の炎症に関係しています。このような時期には、念入りなブラッシングが必要です。

▲このページのTOPへ


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組むかさい歯科クリニックトップページ