痛みを我慢しないでください

かさい歯科クリニックでは、極力痛みを感じさせない『無痛治療』を実践して患者様から好評です

歯の治療でこんな不安や悩みはないですか?

  • 歯医者さんは痛くて怖いので生きたくない
  • 何回も通うのがめんどうだ
  • できればもう少しガマンしよう

わかります。大事な時間を割いて歯医者に行くのは面倒で大変です。

しかし、どんどん悪くなって虫歯や歯周病が進行すると、歯を抜かなければならない可能性も出てきます。「自分の歯はずっと長持ちさせたい」と思うのなら早い段階できちっと治療することが何より大事です。

それはそうだが、

  • やっぱり歯医者は痛いから行きたくない
  • 昔、治療したときの痛みがトラウマになって歯科恐怖症になった
  • 本当は、早く治してしまいたいのだが

そんなあなたの悩みには『無痛治療』で解決いたします。

無痛治療とは
かさい歯科クリニックでは希望される患者さんに無痛治療を行います。

「痛いのがいやなので痛くなくやってほしい」

「治療が怖くて歯医者は苦手だ」

という患者さんに対して、極力痛みを感じさせないように工夫した痛くない歯科治療です。

  • 表面麻酔をぬって注射針を刺す部位を麻酔します

麻酔の注射を打つ際のチクッとした痛みはいやなものです。そこで、極力その痛みを感じさせないために表面麻酔を行います。ゼリー状の表面麻酔をぬって1分待ちます。針を刺す痛みはほとんど感じません。

  • 注射針は「超極細」を使用している

超極細の注射針と表面麻酔の組み合わせで、さらに痛みを感じません。

  • 電動注射器でゆっくり注入する

麻酔でもっとも痛いのは「一気に麻酔液を注入した時」です。確実に一定の速度で麻酔液を注入するのが痛くないポイントです。

  • 痛くない粘膜の部分を選んで麻酔を打ちます

麻酔注射を打つ場所は粘膜で、敏感なところと鈍感なところがあります。できるだけ痛みを感じないポイントを選んで麻酔を打ちます。

そして、無痛治療の最大のポイントは、『効くまで待つ』ということです。

麻酔が効いていないのに治療を始めたら痛いに決まっています。また、痛くなるとなおさら効きが悪くなります。だから、じっと効くまで待つことが大切です。歯科治療が怖い、おっくうだという方はぜひご相談ください。